« 取り憑かれる男 足立の怨霊 | トップページ | 取り憑かれる男 墨田の車椅子 »

2006年5月 4日 (木)

取り憑かれる男 足立の怨霊 続き

それから昔、知り合いから聞いたいくつかのお清めの方法を
M君に話しました。しばらくして、武士さんの姿はだんだんと
薄くなってゆきいつの間にか消えました。
私は霊能者ではないのでこれ以上はできません、ごめんなさいと
こころで念じました。「Mさん、多分、多分だけど、貴男はもうすぐそこを離れることになると思うよ。
」私はそういいながら、隣のK君と顔を見合わせ、ほっとしました。
オカルトなひとときも終わりM君は事業所に帰ってゆきました。

それから数日後、M君からの電話で「その後一度、夕方に白いふわふわしたものが、
給湯室を横切るのを見ました。他のスタッフと一緒に見たので間違いないと思います。
体調はずいぶん良くなりました。」とのことでした。

そして、ほどなくその事業所は閉鎖になりM君は他店へ移動になりました。
ですがこの話はまだ終わっていなかったのです。書きながら思い出してぞっとします。

実は翌日から同席していた、K君から「あれから体が重く気分も優れません。」
という電話が入ったのです。
「あ、しまった、ごめん。貴男のこと忘れていたわ!」思わず叫びました。

だって、K君も感じる人、もっとひらたくいうと、変なものに影響されやすい人種
だったのです。電話の後、会ってみると、M君のまわりに見えていた団体さんが
しっかりK君のまわりにくっついていたのです。
あの若い武士さんはいませんでしたが。ごめんねK君。
こちらもお祓いしてもらいました。

もう一つあるんです!その事業所が閉鎖された後、同業者が入ったのですが
1ヶ月ほどして、私の知人がそこの責任者だとわかりました。

お茶しようとその知人と会いました。もちろん例の話はしませんでした。
ところが、彼の話では..........。

*1ヶ月間でスタッフが体調を壊し次々辞めていく。
*お客さんとのトラブルが続発。
*スタッフが夜、何か見えると言って怖がっている。
あらら、やっぱりね。怖い〜〜〜〜。

今、M君は死相もとれ、以前の元気な男前に戻っています。
K君?彼の話は次回に...........。(^^)V

|

« 取り憑かれる男 足立の怨霊 | トップページ | 取り憑かれる男 墨田の車椅子 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58184/1669093

この記事へのトラックバック一覧です: 取り憑かれる男 足立の怨霊 続き:

« 取り憑かれる男 足立の怨霊 | トップページ | 取り憑かれる男 墨田の車椅子 »