« 2006年3月 | トップページ

2006年5月 7日 (日)

取り憑かれる男 墨田の車椅子

今回は「足立の怨霊」に出てきた、ちょっと変わった前任者さんのお話です。
彼、S君は30代の普通の人ですが、俗に言う「幽霊がいつも見える人」です。

彼の周りの人からその噂を聞いていましたが、見た目はほんとにおっとりした
ちょっと舌足らずのほわーとした人。

本人の前でその口まねをしてちょっとからかうのが、巻き添えを食うK君。
「やめてくださいよ〜〜〜。」今日もK君におっとりと抗議。なんだか笑ってしまいます。

でもS君は毎日の言動が殆ど怪しいんです。
例の足立の事業所でも結構見えてしまい、しんどい思いをしたようです。
それは.............?

続きを読む "取り憑かれる男 墨田の車椅子"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月 4日 (木)

取り憑かれる男 足立の怨霊 続き

それから昔、知り合いから聞いたいくつかのお清めの方法を
M君に話しました。しばらくして、武士さんの姿はだんだんと
薄くなってゆきいつの間にか消えました。
私は霊能者ではないのでこれ以上はできません、ごめんなさいと
こころで念じました。「Mさん、多分、多分だけど、貴男はもうすぐそこを離れることになると思うよ。
」私はそういいながら、隣のK君と顔を見合わせ、ほっとしました。
オカルトなひとときも終わりM君は事業所に帰ってゆきました。

それから数日後、M君からの電話で「その後一度、夕方に白いふわふわしたものが、
給湯室を横切るのを見ました。他のスタッフと一緒に見たので間違いないと思います。
体調はずいぶん良くなりました。」とのことでした。

そして、ほどなくその事業所は閉鎖になりM君は他店へ移動になりました。
ですがこの話はまだ終わっていなかったのです。書きながら思い出してぞっとします。

続きを読む "取り憑かれる男 足立の怨霊 続き"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

取り憑かれる男 足立の怨霊

今日から5月ですね。何度ものぞいて下さった皆様ごめんなさい。
久しぶりなので、濃い〜お話、違った怖いお話。
これは昨年の私が関わった実話です。

主人公は私の同僚。そう前回のねこねこのあの人です。

この心優しいM君が体験した出来事とは???

続きを読む "取り憑かれる男 足立の怨霊"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ