« Vol.3 実録!妖怪 骨女 | トップページ | ねこねこファンタジー »

2006年3月13日 (月)

真夜中のVサイン

こんばんわ。先日から2回更新を試みたのですが、
記事が消えてしまいお待たせです。ココログ自体の不具合だって?もうー。

気を取り直して今回は、私が体験した恐ろしい夜のお話です。

それは桜も散りかけたある春の夜のこと。
囲炉裏の有る、民芸風の自宅を新築した友人に招かれ
お祝いの酒にいい気分の私は、12時頃には客間に布団を敷いてもらい
うとうとしていました。宴会は終わり、「今夜は十三夜で月が綺麗だから、
ブラインドを開けとくね。お休み。」その家の夫人の言葉で電灯が消されました。

どのくらい時間が経ったのでしょう。なんだか仰向けに寝ている私の
首の上が暖かいのです。え、夫人が毛布をかけたのかな。

でもなんか毛布とは感触が違う。夢うつつのまま、薄目を開けると
月の光が柔らかく、青白く部屋の中程まで照らしていました。
ああ、綺麗だな。音も無く夜半の月かななんて考えていると

フー、フー、フーという吐息が、耳に。え?夢かな?
フー、フー、フー?? 心なしか生暖かく、しかも生臭い。

もしかして、これが話に聞いた金縛りか?それとも怪異現象か?
月夜だし、動かなきゃ。なんとか動こうとするのですが、胸がずっしりと
重く、首も重く全く動けません。何だっけおまじないは?
眠さと恐ろしさの狭間で必死で抵抗しました。

左腕が動いた今だ!がばっと起き上がるとすっと胸が軽くなり
月の光の中、何かがさっと動きました。ヒエーお化けだ。

電気をつけたくても、初めての家なのでスイッチがわからない。
夢か?そうだよね。家人もみんな二階で寝てるし騒ぐのはやめよう。

ふと見ると廊下側の障子が開いています。気味悪いので閉めよう。
そしてまた眠りに.............。
ですがしばらくするとまた目が覚めました。
かりかり、カリカリ、かりり。なにかを引っ掻く音が。
怖いけど思わず目を開けました。 
すると月明かりの中、先ほど閉めた障子に、子供位の大きさの
影が!かりり、カリカリと障子を開けようとしています。

ななな!怖いよ〜。とそのとき、ニャーンとその影が泣きました。
猫?でもこんな大きな猫って?なんで?
ここの家に猫がいるなんて聞いてないし。本当に怖くなり
頭から布団をかぶって震えていました。
それから何分か、猫らしき者はその作業をあきらめません。
もう!化け猫でもいい!居直った私は思いっきり障子を引きました。

入ってきたのは大きな虎猫でした。なーんだ月明かりで
影が大きく映っていたのか。それでもかなりのデブ猫でした。
ニャーンと甘えた声ですり寄ってきます。
さっきのもお前なの?怖かったよ。
ゴロゴロ甘える猫を抱きながら、けっこう可愛いななんて。
ふと、猫の「しっぽ」が目に入りました。
薄明かりの中その先はしっかり「二股」に別れていたのです。
ぱたぱたと動くそれは、青い月明かりのなかで
まるで人が指で作る「Vサイン」のようでした。

ふと目が覚めるともう朝でした。
朝食のとき昨夜の話をすると.........。
和やかだったその人たちは急に真顔になりました。

「それはちーちゃんだ。」
どうやらそれはこの家族が以前に違う家で飼っていた猫で
何でも17年生きていたそうです。
夫人の母親が亡くなったとき、あまりに悲しむ夫人を見かねて
父親が拾った子猫で、お母さんが千恵子だったので、ちーちゃん。
夫人はやっと悲しみから立ち直ったそうです。
月日はながれて.......。
猫は長く生きているとシッポが割れて猫又という妖怪になるそうで
この子もしっぽが割れたので、妖怪とは一緒にいたくないという
話を家族でした日、すっと、いなくなったそうです。

いやー夢だよ。慰めたのですがみんなしーんとしてしまいました。
夢じゃないよ。夫人は真新しい障子を指差しました。
そこには猫の爪で引っ掻いたような傷がいくつもついていました。
これはほんとうです。新築の家に一緒に来たかったのかしら?

次回も違う不思議な猫のお話です。


 

|

« Vol.3 実録!妖怪 骨女 | トップページ | ねこねこファンタジー »

コメント

更新、お待ちしてました。
それにしても次から次へと面白い話、不思議な話がありますね。わたし的には猫はやっぱり大きくなっても猫だから。せめてリンクスくらいならなんとか。

投稿: oscar | 2006年3月15日 (水) 10時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/58184/1025629

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中のVサイン:

« Vol.3 実録!妖怪 骨女 | トップページ | ねこねこファンタジー »